ゆるやかな時間

伝えたいその瞬間を!1枚1枚大切に心をこめて・・・
-

弘道館・・・山茱萸(サンシュユ)


サンシュユ(山茱萸)
別名 ハルコガネバナ

花言葉 「持続」 「耐久」 「強健」

弘道館の正庁の庭に黄色い花を付けた大きな木
立派なサンシュユの木です

DSC_1744.jpg

クリックで写真が大きくなります

にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑訪問ありがとうございます
・。*゚.+*゚ぽちっとクリック感謝です゚*+.゚*。・


スポンサーサイト
-

水戸 弘道館


水戸 弘道館
茨城梅まつり偕楽園ともうひとつ弘道館
昨年のお正月に訪れた時は東日本大震災の被害で
修復工事中で見学することができなかったので寄ってみました。


旧水戸藩の藩校である弘道館は、徳川斉昭が推進した藩政改革の重要施策の一つとして開設されました。
弘道館建学の精神は、天保9年(1838)に斉昭の名で公表された「弘道館記」に「神儒一致」「忠孝一致」「文武一致」
「学問事業一致」「治教一致」の5項目として示されています。
弘道館は、天保12年(1841)8月1日に仮開館式が挙行され、さらに、15年余の年月を要し、
安政4年(1857)5月9日に本開館式の日を迎えました。
弘道館では藩士とその子弟が学び、入学年齢は15歳で卒業はありませんでした。
学問と武芸の両方が重視され、文館では儒学・礼儀・歴史・天文・数学・地図・和歌・音楽など、
武館では剣術・槍・柔術・兵学・鉄砲・馬術・水泳など多彩な科目が教えられていました。
その後、幕末の動乱期を経て、明治5年(1872)の「学制」発布により弘道館は閉鎖され、
県庁舎や学校の仮校舎として使用されました。幾度の戦火を免れた正門、正庁及び至善堂は、
昭和39年(1964)に国の重要文化財に指定され、往時の姿を今に伝えています。        (ネット引用)

DSC_1703.jpg

クリックで写真が大きくなります

にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑訪問ありがとうございます
・。*゚.+*゚ぽちっとクリック感謝です゚*+.゚*。・


-

偕楽園・・・好文亭


偕楽園の中に建つ好文亭を見学

襖絵や屋根瓦、見ごたえのあるものばかり
写真撮影ができるようなのでほんの少しだけ撮ってきました。
襖に描かれたウサギが気に入ってしまいました
今にも飛び出してきそうですよね^^;

cfYP54qbXNW4POP1399163260_1399163885.jpg

詳しくは↓

クリックで写真が大きくなります

にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑訪問ありがとうございます
・。*゚.+*゚ぽちっとクリック感謝です゚*+.゚*。・


このカテゴリーに該当する記事はありません。